1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 断射の経過
  4. » 18日目追記 エロ禁は重要

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ更新情報を受け取る
下のボックスにメールアドレスを入力して「購読する」をクリックすると、ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。(詳しくはこちらの記事を参考にしてください。)

メールアドレスを入力して「講読する」をクリック。

 

フォローするとブログ更新ツイートを受け取れます。


フィードでの購読も可能です。
follow us in feedly

18日目追記 エロ禁は重要

エロ禁=エロ画像、エロ動画などを禁止(見ない、聴かない)すること。

このエロ禁の重要性に今日やっと気が付いた。

それまでは「オナ禁(マスターベーションを禁止すること)は重要だが、エロ禁は対して重要じゃないだろう。エロいモノを見て興奮するのが男の証だ。」

くらい、思っていたが、それは間違いだった。

今日、仕事をすべき時間に2時間くらい、100%熱中して、100%集中して、エロ画像、エロ動画をみてしまった。(抜きはしなかったが、衝動がやばかった。)


まず、エロを視聴することのデメリット

激しく時間の無駄

このデメリットはとてつもなく大きい。
何一つ、向上しない、進展しない、目標の達成に向けて1ミリたりとも進んでいない。

ちょっと想像してみてほしい。

親しい友達がいて、その友達が最近起業した。
事業内容はパソコンとインターネットを使って、商品を販売すること。

そんな友達の仕事場に行ってみた所、友達は真剣にマウスを右手に握って、パソコンのモニターを凝視している。

あぁ仕事してるんだなぁ。と思ったら。

友達が見ていたのはエロ画像、エロサイトだった。
真剣だった。

誰だってこう思うだろう。

いや、仕事やれよ

『エロ画像、エロ動画を見ること』はこれほど強烈なデメリットがある。
というか良いことが何一つ見当たらない。

物事が何一つ進まない、目標の実現に向けて全く進んでいない。
ひたすらモニターに映し出された、ヴァーチャルと自分の妄想を混ぜ合わせ、人工的な快楽に溺れ、浸る。

そこ有限の人生の有限の時間を使うことに、なんの意味も価値も無い。

性的な快楽を得たいのならば、現実のリアルの女性を抱くべきだ。
こっちの方が何百倍も価値がある。
女性も気持ちよくなれて、自分自身も気持ちよくなれる。
そして、幸せな気持ちにもなれる。


あとは、エロを視聴することで、『現実』よりも『妄想』の割合の方が大きくなる気がする。
『現実の女』より『パソコン上で見た女』の方が。

だから、エロ動画などの女優=現実の女もこうだろう。
ここをこういう風に刺激したら、こうなるだろう。
こういう台詞を言ったら、こんな感じになるだろう。

全て、妄想で勝手にシミュレーションしてしまってる。

だから、現実の女性と実際に話した時に違和感があるし、何を言って良いのか分からなかったり、意味不明なことを言ってしまったりする。

妄想を限りなくゼロにする。

『現実10』に対して『妄想0』にする。


こうすることで、密度の濃い現実を生きる事ができ、現実の女性との距離も近くなるのかもしれない。


最後に、最近「人間はインプットしたもので出来ている」こう考えている。

だから、『エロ画像、エロ動画』をインプットすると、それが思考に残り、現実の行動、思考、感情を邪魔しているような気がしている。

仕事やるべき時に、エロが頭に出てくる。
会話するべき時に、エロが頭に出てくる。
車の運転するべき時に、エロが頭に出てくる。

これでは、自分の持っている全エネルギーの一部(もしかしたら、かなり)を『エロ』に使ってしまっている。という状態だと思う。

今まで『エロ』に使われていたエネルギーを『自己実現』にまわすことで、自分の全てのエネルギーを『目標の実現』に向けて集中することができる。

そうすると、必然的に最速で目標を達成できるんじゃないかと考えている。


ということで、

これからは完全にエロ禁を実行する。

エロに発展しそうなものはとにかく見ない、寄せ付けないようにする。

話題のニュースをチェックするために『パストラック』を視聴していたが、そこから、2chのまとめサイト→エロへ、という流れが起きるので、『パストラック』は今日から禁止。

『探偵ファイル』も好きで結構チェック(というか毎日)していたが、ココも若干エロいコンテンツがあるので『探偵ファイル』も今日から禁止。

あとはエロにつながりそうなモノに気をつけて、見ない、聴かない、触らないようにすることを徹底する。
関連記事
ブログ更新情報を受け取る
下のボックスにメールアドレスを入力して「購読する」をクリックすると、ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。(詳しくはこちらの記事を参考にしてください。)

メールアドレスを入力して「講読する」をクリック。

 

フォローするとブログ更新ツイートを受け取れます。


フィードでの購読も可能です。
follow us in feedly

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

ブログ更新情報を受け取る

下のボックスにメールアドレスを入力して「購読する」をクリックすると、登録されたアドレス宛てにブログ更新情報が届きます。

 

更新情報をつぶやいてます。


RSSでも更新情報を配信中。
follow us in feedly
カテゴリ
最新コメント
タグクラウドとサーチ


リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理用
track feed 断射して進化する
連絡先
J.OtokonoJinsei@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ