1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 【実践記】運動しつつオナ禁すれば「体温上昇」「モテる」かも。
  4. » オナ禁は最低でも「3週間」はしなければ、本当の効果はわからないかもしれない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ更新情報を受け取る
下のボックスにメールアドレスを入力して「購読する」をクリックすると、ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。(詳しくはこちらの記事を参考にしてください。)

メールアドレスを入力して「講読する」をクリック。

 

フォローするとブログ更新ツイートを受け取れます。


フィードでの購読も可能です。
follow us in feedly

オナ禁は最低でも「3週間」はしなければ、本当の効果はわからないかもしれない。

抜いてしまう自分を抑えるために連続投稿。

参考にさせて頂いているブログ「オナ禁ナビ【女にモテる最強の方法】」に「オナ禁は3週間しないと”本当の効果”はわからない」という趣旨の記事がありました。

三日目でオナ禁挫折しかけた管理人の体験談

これによると、オナ禁を3週間することで、次のようなホルモン変化が起こるようです。

  • 1週目:ジヒドロテストステロンが上昇してくる
  • 2週目:ジヒドロテストステロンが減少してくる
  • 3週目:テストステロンが上昇してくる

ジヒドロテストステロンは悪玉の男性ホルモンで「強い性欲(ムラムラ)」「皮脂の分泌」「髪の毛の減少」などを引き起こす、とされています。オナ禁初期の「強烈なムラムラ」はこのジヒドロテストステロンの仕業と考えられます。

それに対してテストステロンは善玉男性ホルモン。男らしい体つきや俗に言う「フェロモン効果」を引き起こす、と考えられています。

「オナ禁ナビ【女にモテる最強の方法】」によると、この善玉男性ホルモンのテストステロンが上昇してくるのが「3週目から」なのだそうです。だから、少なくとも3週間はオナ禁してみないと、その本当の効果はわからない、と考えられます。

以前記事にした「オナ禁効果は7日がピークでそれ以降は効果なし?オナ禁効果の根拠となった研究論文を読んだ感想」では「オナ禁1週間でテストステロンが上昇してくる」というデータでした。つまり食い違っています。でも「3週間目から効果が出てくる」というのは、オナ禁実践者のナマの言葉ですので、こっちの方を参考に、オナ禁を継続してみようと思います。

そうそう、忘れてはならないのは次の点です。

オナ禁と並行して、次を行う。

  • 筋トレ(や運動)
  • しっかり休む、寝る

筋トレや運動をせずに”オナ禁だけ”を行っていくと、次第に「ジヒドロテストステロンがアップ」してくるのだそうです。悪玉男性ホルモンがオナ禁中にもかかわらず、分泌されてくるのだそうです。これはオーマイガです。運動や筋トレすることで「俺はオスだぞ」という感覚を保つことができ、それがテストステロンを分泌させるのだそうです。

オナ禁中はヒートアップします。結構疲れなくなります。そのため「休むことを忘れてしまう」ということが起こります。私も何度も体験しています。そしてまた「疲れすぎ」や「睡眠不足」でもテストステロンが”分泌されなくなる”のだそうです。せっかくオナ禁して、運動や筋トレをしていても体や脳が疲れきってしまっていると、テストステロンは分泌されなくなり、悲願のモテ効果を発揮できない、という悲しいことになってしまいます。ですのでしっかりと休んで、睡眠も十分にとるようにしましょう。

ふぅ、がんばろ。オナ禁。

関連記事
ブログ更新情報を受け取る
下のボックスにメールアドレスを入力して「購読する」をクリックすると、ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。(詳しくはこちらの記事を参考にしてください。)

メールアドレスを入力して「講読する」をクリック。

 

フォローするとブログ更新ツイートを受け取れます。


フィードでの購読も可能です。
follow us in feedly

Comment

No.19 / さく [#mQop/nM.] No Title

はじめまして。オナ禁について理論的に考察されていて、全部拝見させて頂き大変勉強になりました。
読んでいるとオナ禁のヤル気が出てきました!
今回コメントさせていただいたのには一つ質問があるからです。


筋トレや運動をせずに”オナ禁だけ”を行っていくと、次第に「ジヒドロテストステロンがアップ」してくるのだそうです。

この一文が特に衝撃的で、私自身約5年程オナ禁(というよりは減オナに近いかもしれません)をやってきましたが、ここ1年ぐらいは効果を感じにくくなっていました。年齢的にも30を過ぎた為、20代の頃に比べると性欲・精力の低下を感じていたので、やはり衰えには逆らえないのかと思っていました。

私は特に恒常的な運動はまったくせずオナ禁のみの生活でしたので
加齢によるテストステロンの減少が原因と思っていましたが、上記一文を拝見して、運動をしていない事でジヒドロテストステロンが増えてしまったのではないかと思い始めてきました。

しかしながらネットで調べても、長期オナ禁のみの生活でジヒドロテストステロンが増加するといったものはこちらのブログ以外は見当たりませんでした。今回質問させていただいたのは上記一文の信憑性を確かめたく情報ソースを御教示いただければと思いコメントさせて頂きました。

お手数ですがご回答よろしくお願い致します。またブログの更新楽しみにしております。長文失礼しました。

2015 01/23 (Fri) 05:57 編集

No.20 / J(管理人) [#-] Re: No Title

さくさん

コメントありがとうございます。

「運動しないとジヒドロテストステロンが増える」

というのは、残念ながら厳密な科学的データは私も見つけることができませんでした。

ただ、既にオナ禁を長期間実践されている方のブログ記事や掲示板への書き込みを見た結果、「運動しないとジヒドロテストステロンが増える」と言っていた方が3人もいたため、「科学的データはないけど、これはおそらく確かだろうな」と現時点では考えています。

以下に、長期間のオナ禁実践者で「運動しないでオナ禁を続けると、ジヒドロテストステロンが増えて悪影響が出てくる」と言っていた方を紹介します。

■ブルーノ氏

ブルーノ氏レスまとめ - オナ禁の効果を報告するスレ まとめwiki
http://seesaawiki.jp/onakin-report/d/%A5%D6%A5%EB%A1%BC%A5%CE%BB%E1%A5%EC%A5%B9%A4%DE%A4%C8%A4%E1

この方はだいぶ前からオナ禁をしていて、2ch且つオナ禁業界はでは有名な方のようです。

数年にわたるネット検索の結果、「運動しないでオナ禁するとジヒドロテストステロンが増える」という結論に達しています。

詳しくは上記リンクを見てみて下さい。

(Ctrl+Fで「ジヒ」や「ジヒドロテストステロン」「運動」「筋トレ」などとページ内検索すれば、該当箇所を見つけやすいと思います。)

■オナ禁ナビ

オナ禁ナビ
http://www.amanileo.org/

こちらは現在アクセスできない状況ですが、上記のブルーノ氏に強い影響を受けています。

そしてその理論の元、長期間のオナ禁を実践したところ、「モテすぎて困る」という経験をしています。

アクセスは出来ませんが、整骨院を運営している方なので、かなり信ぴょう性が高く、良質な記事が多いブログでした。

「Webアーカイブ」などの消えたページを閲覧できるサービスを利用すれば、もしかしたら、消えた記事も見れるかもしれません。

■自分磨きの鬼となれ!

自分磨きの鬼となれ!
http://ameblo.jp/kinnniku-model/

こちらは記憶違いかもしれませんが、運動(や筋トレ)とオナ禁、テストステロンの関係を記事にしていたと思います。(もしかしたら記憶違いかもしれません。)

ただ、こちらも良質な記事が多いので、かなり参考になると思います。

。。。

という感じで、私自身も「運動しない長期オナ禁はジヒドロテストステロンを増やす」というものの、科学的データは見つけられてはいません。

ただ、先輩方(長期オナ禁実践者)がそう言っているし、運動や筋トレを伴う長期オナ禁を実践した結果「モテた」や「健康になった」ということを言っているので、「おそらく事実だろう」という考えです。

追伸)

さくさんはどれくらいオナ禁(減オナ)されてますか?

オナ禁研究のために、もしよければ、ぜひ教えて頂きたいです。(それと実践した結果の効果や感想なども教えていただけると嬉しいです。)

ブログにも書いていますが、現在の私自身の考えでは最低でも3ヶ月(約100日)はオナ禁しなければ、効果がでないのでは?と考えています。(欲を言えば半年くらいは必要かもしれないとすら考えています。)

もし大丈夫でしたら、教えて頂けると嬉しいです。

2015 01/23 (Fri) 09:54

No.21 / さく [#mQop/nM.] No Title

ご回答ありがとうございます。
参考リンク見た所、経験談としてやはりジヒドロテストステロンが増えるみたいですね。
長期オナ禁をしているとオナ禁効果がなくなり、むしろヤル気が無くなったりする悪影響がでるのはジヒドロテストステロンの増加が原因なのかもしれませんね。

その対策として筋トレ等のテストステロン増加が期待出来る行動をするのが重要なのですね。
今後は筋トレ、ジョギングも並行でやっていきたいと思います。


私のオナ禁について>
オナ禁する前は中学ぐらいからほぼ毎日のように抜いていました。
24ぐらいからオナ禁を始めて1、2年目は100日単位でオナ禁をする事が出来ていました。
その後は性欲に屈しリセットを重ねる事も多く、平均2週間ペースで減オナを行っています。
エロ禁に関しては正直全く守れていません。

効果としては当方イケメンでもないので全くモテず女性からも相手にされていなかったのですがオナ禁してから女性との接点も増え「かっこいい」や「イケメン」といわれる事もあったりホストにスカウトされたこともありました。
私的な考えですが、100日越えた頃と2週間ペースのオナ禁に効果の変化はあまり無かったと思います。といってもエロ禁や汁遊びは守れていないし、筋トレ等もしていなかったのでオナ禁の効果を最大限に活かせなかったのだと思っています。(当然ですがオナ禁していなかった頃とは劇的に違います。)




20代まではオナ禁効果を感じていたのですが、30代になってから、むしろヤル気の低下、性欲・精力の減退、頭髪のボリューム低下、髭が濃くなるなどジヒドロテストステロンの影響と思われる現象が顕著に表れてきています。

オナ禁+筋トレでこれからも若々しく、そしてモテたい(笑)というのが今私の理想ですね。
オナ禁研究の参考になれば幸いですありがとうございました。

2015 01/26 (Mon) 06:04 編集

No.22 / J(管理人) [#-] Re: No Title

さくさん

ご返信ありがとうございます。
(レスが遅れて申し訳ございません。多忙でした。)

な る ほ ど ですね!!

大変参考になりました。

やはり、オナ禁すると、魅力的になって、人を惹きつける何かの力が生まれるのですね。^^

なるほど100日オナ禁しても、それほど効果は感じられなかったのですね。

色々と難しいモノがありますね。

私も30代なのですが、もしかしたら30代になると、ホルモンなどが変化して、若い頃のように、オナ禁効果がすぐには現れないのかもしれませんね。

私は100日越え目指して、もう少しやってみようと思います。

メチャクチャ参考になりましたっ。

オナ禁研究にかなり役立つと思います。

大変貴重な体験談ありがとうございました!

2015 02/02 (Mon) 08:57

No.28 / たか [#-] No Title

はじめまして。ブログのほう、とても参考になりました。古い記事のコメントですが失礼します。
私も、他の方のコメント同様、
『筋トレや運動をせずに”オナ禁だけ”を行っていくと、次第に「ジヒドロテストステロンがアップ」してくるのだそうです。』という一文にとても、驚きました。私は現在、150日以上、オナ禁を続け、勝手に『DHTを抑え込んでる!』と天狗になっていたのですが、とくに運動は意識しておりませんでした。
が、知らず知らずにDHTが増えていたと考えると、ゾッとします(苦笑
そこで、じゃあなぜ、”オナ禁だけ”を行っていくと、次第に「ジヒドロテストステロンがアップ」してくるのか?、ということなのですが、他のサイト等を巡回しても、ほとんど載っておらず(ブルーノ氏という方のサイトくらい)、有力な理由は分からなかったのですが、
私が思うにはですが、⇒長期的にオナ禁をすると、どうしてもストレスが増える⇒運動には性欲を抑える効果があるが運動をしない⇒ストレスの吐口がなくDHTが増える、という理屈ではないでしょうか?

もちろん運動自体にも、DHTを抑える効果はあると思いますが、別に運動でなくとも、趣味などありオナ禁のストレスの吐口が確立されていれば、”オナ禁だけ”でも次第に「ジヒドロテストステロンが増える」ということはない、と思っています。
これについて管理人様は、どう考えますか?
宜しければ、率直なご意見いただければ、嬉しいです。
もちろん、運動自体がDHTを抑え込むのに有用なことは周知の事実ですので、私もこれから取り入れていきたいと思っています。

2015 11/26 (Thu) 22:18

No.29 / J(管理人) [#-] Re: No Title

たかさま

コメントありがとうございます。
管理人です。

コメントを頂いてから数日考えました。^^

> 私が思うにはですが、⇒長期的にオナ禁をすると、どうしてもストレスが増える⇒運動には性欲を抑える効果があるが運動をしない⇒ストレスの吐口がなくDHTが増える、という理屈ではないでしょうか?

私も似たような印象を持っています。

実は私自身、最近仕事を変えまして、まさに肉体労働バリバリの仕事をしています。つまり運動をほぼ毎日している状態です。

そこで感じたことなのですが、「運動“だけ”にジヒドロテストステロンを抑える効果は無いかもしれない」ということです。

通常、現代の人は運動不足の方が多いように思っているのですが、そのような人達の場合、運動不足で体が固まっている状態→運動して体がほぐれる→結果としてリラックスして全身の血流などが良くなる。ということの結果として、ジヒドロテストステロンが分泌されない、のだと感じました。

というのも、私の現在の肉体仕事は結構キツイのですが、キツイがゆえに、ジヒドロテストステロンではないですが、なんというか、ざっくりとしたモテ効果を感じずにいます。これはあまりに運動し過ぎて、体が疲れたリ緊張状態にあるがゆえに、テストステロンが十分に分泌できずにいる、という状態だと考えています。

そのような状態なのですが、俺モテてるかも!?と思った時があります。それは15時間位寝まくった後の時です。15時間寝まくったら、コンビニ店員や図書館の窓口の方などが満面の笑みで接してくれました。個人的に瞑想をすることがあるのですが、その後に限って、出会う人大体が笑顔で接してくれます。その時まさにそっくりの状態でした。

(正確には、その前日に女の子とエッチをしたので、エッチをしたことによるテストステロン増強効果もあったのかもしれませんが)

つまり運動はテストステロンを抑える効果はあるかもしれないが、それは「運動した結果リラックスできた時」なのではないか?と思っています。日常的に運動不足の方の場合、運動によって体がほぐれてリラックスする→ジヒドロテストステロンを抑える、ということだと思います。逆に、日常的にかなり運動してる人の場合、運動は逆効果になって体の疲労や緊張を増やしてしまうのではないかと思います。

そう考えると、たか様の言うように、

・趣味
・ストレスのはけ口を持つ

というのは、それを行うことでリラックスできますので、それによってジヒドロテストステロンを抑える効果が望めるではないかと思っています。

名前は忘れましたが男性医学の専門家の医師の方も、

・趣味を持つ
・リラックスする
・よく眠る

などを行うことで男性ホルモン(テストステロン)を分泌できる、と言っていました。ですから「ストレスのはけ口を持つ」というのはテストステロン分泌にはかなり有効だと私も思います。

。。。

こんな感じでまとまっているかどうかわかりませんが、今現在はこのように考えています。

2015 11/30 (Mon) 20:47

No.30 / J(管理人) [#-] 追記

たかさま

オナ禁150日以上、実践されていて何か効果などは感じておられますか?個人的な感心は特にモテ効果ですが(笑)^^

もしよければ、教えて頂けると嬉しいです。^^

2015 11/30 (Mon) 20:54

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

ブログ更新情報を受け取る

下のボックスにメールアドレスを入力して「購読する」をクリックすると、登録されたアドレス宛てにブログ更新情報が届きます。

 

更新情報をつぶやいてます。


RSSでも更新情報を配信中。
follow us in feedly
カテゴリ
最新コメント
タグクラウドとサーチ


リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理用
track feed 断射して進化する
連絡先
J.OtokonoJinsei@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ