1. Top
  2. » 2015/01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナ禁は最低3ヶ月(約100日)やって、はじめて「真のモテ効果」を体感できるかもしれない。

お久しぶりです。今日でオナ禁43日目です。

オナ禁プログラム」を提供している河本さんのYouTubeチャンネル「LowSow」に、「オナ禁400日超えをした方にインタビューした音声」があります。

それが次です。

この動画の中でオナ禁を400日以上やってる方が話しているのですが、その方によると、「オナ禁100日目辺りからモテ始めた」そうです。

だから、最低でも”100日”は指して頑張った方が良さそうです。

この「オナ禁100日理論」(勝手に命名)。

私が最近ひらめいたオナ禁仮説と合致する部分があります。

そこで今回は「オナ禁は100日位してこそ、真のモテ効果が得られる(かもしれない)」という仮説をお話いたします。

。。。

「オナ禁すればモテる」

というのはよく言われる話です。

人によっては「2週間でモテ効果が出た」という話もあるのですが、私の現在の考えでは「モテ効果を本当の意味で体感するためには、最低でも3ヶ月以上のオナ禁が必要なんじゃないか?」と思っています。

以前、このブログでも「フェロモン効果発動!」みたいな記事を書きました。

その時のフェロモン効果はもしかしたら、オナ禁で得られる真のパワーではないかもしれない、と今は思っています。

それを次からお話します。

短期間のオナ禁で生まれるフェロモン効果は本当のモテ効果では”ない”かもしれない。

毎日オナニーしていて、急にそれを断つと、「性欲的な意味での飢餓感」が生まれます。その「飢餓感パワー」で、ある意味モテ効果のようなモノが発生していたのではないか?と思っています。

個人的には「オナ禁数日でフェロモン効果のようなモノ」を体験してはいるのですが、今思えばこれは上記の「飢餓感パワー」だと考えています。

次がその時の記事です。

オナ禁による「眼力フェロモン効果」は・・ある!

例えば、毎日酒を飲んでいて酒を断つと、酒が強烈に飲みたくなります。毎日タバコを吸っていて急にやめると、猛烈に吸いたくなります。

同じように毎日オナニーしていて、急にオナ禁すると、猛烈に抜きたくなります。

そんな時に目の前を女が歩いていたら・・。

「ぐぉっ!!やりてぇ!!!」

という強烈な欲が起こります。すると、その強烈な欲を宿したギンギラギンの目つきで女性を見ます。

当然眼力としては「かなり強い」部類に入ると思います。

人間含め動物は眼力で勝負して負けた方が勝った方に従う、という習性があります。ヤンキーの人って、ガンつけ対決のようなモノをしますよね。

それと同じように、「お前とエッチしたい」という強烈な欲を含んだ眼力を浴びた女性が、その眼力に屈したなら、その男性に委ねようとする意識が芽生える可能性があります。

私が短期間のオナ禁時に感じたフェロモン効果のようなモノは、この「オナニーを断ったことによる、禁断症状(猛烈に抜きたい=セックスしたい)」だったのだと、今は考えています。

つまり、オナ禁の禁断症状で「猛烈にセックスしたい」から、女性を惹きつけたのだと考えています。

アルコールやタバコ、覚せい剤などの禁断症状は凄いモノがありますよね。

それと同じことが起こったのだと、今は考えています。

「真のモテ効果」を体感するためには、最低でも3ヶ月のオナ禁が必要かもしれない。

そして、オナ禁で「真のモテ効果」を体感するためには、最低でも3ヶ月間は必要なんじゃないかと、今は考えています。

その理由は脳神経(セロトニン神経)が正常になるまでに、3ヶ月位かかるからです。

セロトニン神経を研究してる有田秀穂さんによると、「悪い状態のセロトニン神経が正常な状態になる(回復する)までに、3ヶ月間かかる」そうです。

具体的に言えば「脳神経のセロトニン神経が”物理的に変化”するためには3ヶ月間の時間がかかる」そうなのです。

つまり、脳のセロトニン神経が「実際に正常な形に変わるまで」3ヶ月かかるそうなのです。

私はオナ禁による体の変化はテストステロン、ジヒドロテストステロン、エストロゲンなど、「ホルモン系の変化」もあると思いますが、「脳神経の変化」もあると考えています。

そして「脳神経全体の変化」が仮にセロトニン神経の変化のように、3ヶ月位かかるものだとすれば、「オナ禁で脳神経が変化」するためには、同じく3ヶ月くらい必要なのではないか、と考えています。

そして3ヶ月とは約90日です。

そう考えると、冒頭の「オナ禁を400日以上実践した方」が言った「オナ禁100日目当たりからモテるようになった」というのと、日数的に辻褄(つじつま)が合います。

また、掲示板をコピペしたこのブログの記事にもこうあります。

まず、最低2ヶ月を3セット。これくらいやって初めて、今までオナ中毒による脳内ホルモンバランス異常が沈静化されて、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンのバランスが整う。

2ヶ月を3セットすることで、真のオナ禁効果が得られる

有田秀穂さんによると、セロトニンは「ドーパミンとノルアドレナリンの指揮を執る、中央コントロールセンターの役割り」をしているそうです。

そのセロトニン神経が物理的に変化するために、3ヶ月が必要だとするなら。

そして上記の掲示板の書き込みが真実だとするなら・・。

やはり、オナ禁は「最低でも3ヶ月や100日」はしないと、「真のモテ効果」は得られないかもしれません。

ブログ更新情報を受け取る

下のボックスにメールアドレスを入力して「購読する」をクリックすると、登録されたアドレス宛てにブログ更新情報が届きます。

 

更新情報をつぶやいてます。


RSSでも更新情報を配信中。
follow us in feedly
カテゴリ
最新コメント
タグクラウドとサーチ


リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理用
track feed 断射して進化する
連絡先
J.OtokonoJinsei@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ