1. Top
  2. » 男性ホルモン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナ禁をすると熟女に惹かれるようになる(俺だけ?)

お久しぶりです♪久々の更新です。^^

(現在オナ禁3日目)

前々から思ってたことなんですが、「オナ禁をすると熟女に惹かれる」ようになります。個人的には。

50代の女性に惹かれる

それまで何も感じていなかったような、熟女や人妻など少しお年を召した女性に惹かれるようになります。具体的には50歳前後ですかねぇ。

20代とか30代、40代などは「まだ熟れてない」と感じるようで(笑)、50前後の色気とエロさが絶妙に入り混じった印象の受ける女性に「おっ!」と股間がグッときます。全員ではないですけど。

最近では、松本伊代さんと早見優さんが線路内で写真を撮ってそれをブログに載せて問題になりましたが、その謝罪会見で見た早見優さんにグッときました。あの会見をみて私は「エッロいな〜」と思っていました(笑)。


(なぜか松本伊代さんには全く何も感じませんでしたが。多分、伊予さんには色気を感じなかったんだと思います。)

見ただけで勃起(笑)

あとは、以前働いていた職場では20代や30代、40代の女性にはそれほど何も感じませんでしたが(可愛いなって思うことはありましたが)、50代くらいの女性が黒系の体にフィットする姿を見た時には一度見ただけで勃起しました(笑)。※この時もオナ禁してました。

他の女性には感じないエロさをすごく感じました。

これはなんなんでしょうねぇ。

芸人の春日も熟女好きでしたが、もし男性ホルモンが高まると熟女に惹かれるようになるとしたら面白いですね。春日は男性ホルモン高そうですし。

今思いましたが、肉体的にも精神的にも成熟してきて、さらに女性性を醸し出して、さらにエロさ(性的欲求)を秘めている、あるいは意識的に醸し出しているから、そのように魅力を感じるのかもしれません。

いつかそういう方とも楽しんでみたいと思っていますが、まだしていません。

あなたはどうですか?

オナ禁すると熟女に惹かれることはありますか?

追記:以前は若い女性に惹かれてた模様

今ちょっと昔の記事を読み返してたら、どうやら昔は「オナ禁中に“若い女性”に惹かれてた」ようです。


これはどういうことなんだろう?昔と矛盾してる。

うーん、わからんっ(笑)

抜いてもうた・・(オナ禁効果をもう一度考えた)

今日でオナ禁7日目だったけど、抜いてしまいました(笑)

感想?

だいぶスッキリしました(笑)

■オナ禁は良いような、悪いような・・

どうもオナ禁は良い面もありつつ、悪い面もあるような気がしてきました。

というのも、オナ禁していると、精神状態が悪くなるからです。イライラが出てきます。

このイライラは「やりたいことを我慢している」ことが原因だと思います。そしてそのやりたいことと言うのは、セックスやオナニー。つまり女性と交わったり、それと似た行為をすることだと考えています。

ひと言で言うなら、「オスとしての生きがい」みたいなモノでしょうか。

これを我慢しているからイライラするんだと思います。


オナニーやセックスをすると、この欲望を満たすことができます。その面では満足することができます。今の私は満足しています(笑)

一番最近のオナ禁を初めてから、今日までを振り返ってみると、イライラしてたり、他人にやさしくなれない部分がありました。

私は結構、根が真面目な方で仕事をし過ぎたりします。今回も仕事のし過ぎでイライラが募ってきた部分もあるとは思いますが、それでも今日、射精したら、なんとも言えない高揚感がありましたし、イライラも消えました。

今の私はオナ禁がいいかどうか、わからなくなってきました。

■3日に1回は射精した方が良い?

それでちょっとこのブログの過去記事を探してみたところ、こんな記事を見つけました。

究極の射精管理? 射精と男性ホルモンとオナ禁効果。

内科医の荻田卓という方が、射精(セックス、オナニー)とホルモンの関係を語っている記事があって、それを上の記事で引用していました。

もう一度引用すると。

疲れるからといってパートナーとのセックスを拒否したりしていると、男性の老化は猛スピードで進むそうです。予防のための射精は、マスターベーションでも構わないそうです。

血中のホルモン量と射精の回数を調べると、男性ホルモンの生産能力を維持するには3日に1回の射精がベター。

難しい場合はヌードグラビアを見たり、「3日に1度、性的に興奮するだけでも構わない。それでも週に1回は射精したいですね」(荻田氏)

ポイントをまとめると。

・セックスをしないと男の老化は進む
・この「男の老化」はオナニーでも予防できる
・男性ホルモンを維持するには3日に1回の射精がベター


このような内容になってました。

残念ながら引用元の記事は消えてしまったみたいなので、もう一度確認できませんが(引用しててよかったぁ)、男性ホルモンを高く維持するためには「射精はした方が良い」そうです。

となると、こないだ発見した次の記事とぶつかります。

テストステロンを増やす方法|自分磨きの鬼となれ!

それぞれ反対のことを言ってますね。

もう一度簡単に説明すると、オナニーをしないことでテストステロン値が上昇する、という研究データがあるようです。(これが書かれてる本とか論文とか知らないですか?)

一方で内科医の荻田さんは次のように言っています。(要約)

「3日に1回は射精した方がいいよ。その方が男性ホルモン(おそらくテストステロン)を高く維持できるから。」

ぬー、判断が難しいですね。

■射精し過ぎても、オナ禁し過ぎても「悪影響」があった

ただ、抜きすぎると悪影響は確かにあります。そして抜かなすぎても悪影響がありました。

ということは、抜きすぎて精液に含まれる亜鉛やなんやらが体外に出過ぎて悪影響にならない限りは「射精した方が良い」かもしれません。

少なくとも今この記事を書いている時点での私はこのように思っています。

■スーパーサイヤ人効果はストレスパワー?

スーパーサイヤ人効果や「自信が出てくる」などの効果がオナ禁をすることで得られる、という話しがありますが、これは「オナ禁したことのストレスで行動力が増す」ことかもしれないです。

実際、私もオナ禁をするとある意味で行動力が増すんですが、この時のエネルギー感はなんというか「黒いエネルギー」です。(あ、怪しい話しをしたいわけではないんですが、そんなイメージです。)

なんというか、悟った仙人が自然に行動しているような行動力ではなく、怒りを腹に溜め込んだ人間が普段しない行動をする時のような行動力なんです。

ニュアンス伝わりますか?

「無理のある行動力」だと感じます。(実際、体験してみて)

あとは「オナニーを我慢する」という「他人がやっていなことを俺はやっている」という感覚が自分に自信を持たせている部分はあります。

■オナ禁、そんなに良くないかも

だから、もしかしたらオナ禁はそんなに良くないんじゃないかと今は考えています。(このブログを全否定する内容ですが 笑)

多分、オナ禁でアドレナリンやコルチゾールなどが分泌されてるように感じます。

予想ですが、次のような順番で行動力が上がっているのではないでしょうか?

1.オナ禁でストレスが溜まる
2.コルチゾールが分泌される
3.それに伴ってアドレナリンが分泌される(=行動力が上がる)


アドレナリンはある意味「闘争ホルモン」ですから、普段しないような行動でもできるようになるはずです。

オナ禁による行動力の上昇はこう考えると、いちおう説明できます。

そしてコルチゾールやアドレナリンを出し過ぎると体や心に負担がかかってくると思います。実際サイヤ人効果には副作用があったはずですし、私も副作用を体験しています。

だから、もしかしてオナ禁は良くないんじゃないかなぁ・・

というのが今日の私の意見です。数日後も同じことを言ってるかどうかは私自身もわかりませんが(笑)

射精しなくても、オナニーするだけでエネルギーが下がるようだ (9日目で射精)

射精しなくても、オナニー(手でシコシコ)するだけでも、エネルギーが下がることを実感しました。

昨日まで「射精しないオナ禁」をしていました。(9日間)

色々あって、「射精しなければオナニーしてもOKなんじゃないか?」って思っていたので、射精しないオナ禁を実践してました、9日間。

で、一昨日まではオナニーも射精もせずに過ごしていました。
(つまり、7日間は「完全オナ禁」、一昨日から「射精しないオナ禁」をしてました)

でも、一昨日なんかムラムラしてきたので、「射精はせずにオナニーだけしよう」と思ってエロ動画を見ながらシコシコし、射精しそうになったら手を止める、のような1人寸止めプレイを楽しんでいたわけです。

そしたらまぁ、気持ちいいわけです。

射精しなくても、かなりの満足感を得ることができます。

これに味をしめて、昨日も「射精しないオナニー」をしました。

あまりに気持ちよかったので1時間近くやってたかもしれません。

そしたら、その後なんか自分自身のエネルギーが下がった気がしました。

・自信が無くなる
・やる気が無くなる
・他人の目をあまり見れない

このようなことが起こりました。


これは完全オナ禁中は起こらなかったことです。

これまでの経験でオナニーをして射精をすると、男性エネルギー(男性ホルモンだと予想してますが)が下がることを確かに実感しています。

それで、射精をしないと、そのエネルギーが保たれて、さらに強化されます。

・自信がでてきて
・やる気も出てきて
・堂々と他人と接することができて
・体も筋肉質になってくる

ということを経験しています。

だから、「射精しなければOK」なんだと自分で思っていました。

でも、そうじゃない可能性が出てきました。

射精しなくても、オナニーをするだけで(手でシコシコするだけで)、男性エネルギーは低下するかもしれません。

厳密に言うと、オナニーをして「イキそうになる」と、男性エネルギーの元(この場合は精液の元かな?)が睾丸や前立腺のあたりから「放出」されて、エネルギー自体は「それだけで射精した時と同じ状態になってしまう」んじゃないかと思いました。

というのも、女性関係が豊富な時期に、「完全にイカなくなった」ことがあります。

遅漏といえば遅漏だと思うんですが、チンチンはギンギンでセックスも気持ち良くて最高なんですが、「なぜか全然射精できない」ということがありました。

その時は、セックスでピストン運動をして気持ち良くもなってるし(ここまでは今回の現象と同じ)、自分に自信も持てて、最高に楽しい時期でした。

ただ、イキそうになることは一度もありませんでした。

つまり、この時は「男性エネルギーは保たれたまま」だったじゃないかと予想しています。


それが「イキそう」になると、それが睾丸あたりから放出されて、そのエネルギーが下がるんじゃないかと思います。

というのも、オナ禁を続けていると、下腹部の「丹田のあたりに力が充実する感覚」があります。

それが「イキそうになるオナニー」をした後では、無くなりました。


丹田の力が抜けて、腑抜けた状態になりました。

多分、イキそうになることで、睾丸や前立腺、あるいは骨盤のあたりから、男性エネルギーが放出されて、「そこが腑抜ける」んだと思います。

それによって、体全体の活力も低下するんじゃないかと思いました。

で、このような分析をし、最終的に「イキそうになるオナニーは射精と同じ」という結論に昨日の夜に達したので、昨日はオナニーで射精しました(笑)

普通1週間オナ禁すると、結構「濃い」精液が出るんですが、昨日のは「サラッ」としていました。


これも予想なんですが、「イキそうになる」だけで、「精液」や「精液の元」のようなモノが「睾丸から移動」するんじゃないかと思います。

なので結局、「射精しなくてもイキそうになる」だけで、オナ禁のメリットは消失すると確信に近い思いを昨日しました。


今日はそんな報告でした♪

ではまた、気が向いたら更新するぜぃ^^

射精直後の身体の変化

射精をした後、背中の下の方が熱い。
この部分はおそらく副腎だと思う。

射精をしたことで、身体が刺激され、副腎から男性ホルモン(DHEA:デヒドロエピアンドロステロン)が放出されたと思われる。

究極の射精管理? 射精と男性ホルモンとオナ禁効果。

射精することは人体にとって良いことなのか?悪いことなのか?

もちろん、射精のしすぎは体内から栄養素が過剰に排出される(精液に含まれるため)から『身体に悪い』。

逆に射精をあまりしなさ過ぎると、精液を作る機能が低下する。男性ホルモンの分泌が低下する。

などは言われているが、どこからどこまでが『身体に良く』て、どこからどこまでが『身体に悪い』のか?
この境界が分からない。

そう思って、射精と男性ホルモンの関係を調べていたら関連情報を発見。

男が弱くなる原因。 男性更年期障害 アップワークニュースより引用

 疲れるからといってパートナーとのセックスを拒否したりしていると、男性の老化は猛スピードで進むそうです。予防のための射精は、マスターベーションでも構わないそうです。

血中のホルモン量と射精の回数を調べると、男性ホルモンの生産能力を維持するには3日に1回の射精がベター。

難しい場合はヌードグラビアを見たり、「3日に1度、性的に興奮するだけでも構わない。それでも週に1回は射精したいですね」(荻田氏)

(荻田卓:内科医、城山台クリニック院長)

なななんと、萩田氏によれば男性ホルモンを正常値にするには3日に1回は射精をした方が良いらしい。最低でも週一で射精せよ、と。

これは断射実践者、オナ禁実践者にとって衝撃的な情報です。

オナ禁の身体的な効果は実感しているから、オナ禁には効果がある。
しかし、男性ホルモンを正常に保つためには3日に1回は射精したほうがいい。

これらは一見矛盾しているような気がする。
しかし。。

もしも、この2つが両方とも正しいとしたら。。あるいはそう仮定すると。。

オナ禁実践→体外に排出される栄養素が体内に留まる→さまざまな良い効果が発現
3日ごとに射精→男性ホルモンが分泌→健康体

この2つがもし正しいとすると、単純に精液の元となる栄養素の摂取量が現代人は足りてないだけなんじゃないか??

究極の射精管理はしっかりと精液の栄養の元となるものを食物から摂取して、3日に1回は射精する(オナニーでもセックスでも)。
こうすると、オナ禁の効果も実感しつつ(食物から精液がドンドン作られるから常に精液満タン状態)、男性ホルモンも正常に分泌されて、メッチャ健康体っ。

ということになる。。
(あくまでもオナ禁効果&萩田氏の意見が両方とも正しいと仮定した場合だけど)

でも、実際これは信憑性高いかも。
もっと調べてみよう。

テストステロンの分泌量が多いほど『高収入』で積極的な男性

証券取引での金儲けは、担当者のテストステロン値で決まる。

・テストステロン値が高いと『高収入』
・コーチゾル値が高いと『低収入』
(コーチゾル=コルチゾール?)


男性ホルモンのテストステロン値が高ければ高いほど積極性が高まる

亜鉛が不足すると男性ホルモンの分泌が不十分になる。

子供の成長、健康維持、セックスに、亜鉛摂取は不可欠。

亜鉛は体内の100種類を越える酵素の活性化に関与している。
だから、亜鉛が不足すると色々な不具合が生じる。

亜鉛が不足すると、以下のような症状がでる。
・成長の遅れ
・食欲不振
・傷が治りにくく、皮膚が傷つきやすい、及び感染しやすい。
抜け毛
・味覚や嗅覚に異常が生ずる。
夜間視力が低下する。
男性ホルモン分泌が不十分となる。

オナ禁の効果とリンクする部分が多分にある


亜鉛が多く含まれる食品
・肉類
・ピーナッツ
・ピーナッツバター
・豆類

牡蠣はテストステロンの分泌を促進する

牡蠣の性欲亢進作用が証明された。

牡蠣には精力増強作用がある。

牡蠣には『D-アスパラギン酸』、『N-メチル-D-アスパラギン酸』という物質が含まれ、これらは、男性ホルモンであるテストステロンや、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進する。

男性ホルモンの詳しい分析

人には言えない禁欲生活 ホルモンバランスが崩れるって何よ(1日目)

オナ禁を67日間行った方の「効果」報告書

オナ禁を67日間行った方画残した「効果」の報告記事です。

<7日目>
・髪の毛にツヤが戻ってきた。効果大
・脳天部分の髪について、以前は頭皮が硬かったが最近は柔らかくなった。ツヤが戻った事と関連あるのかな?
・家族に「肌がずいぶんきれいになったね?保湿クリームでもつけた?」といわれた。

肌はたしかにキレイになってるようだ。

だが、あいかわらずニキビは多少できる。




<9日目>
・ますます肌のハリがよくなってきた。
・全身の皮脂が減った(朝起きてもャワーに入らないでも気持ち悪さがなくなった!劇的)


<11日目>
・エロ動画で興奮したことにより男性ホルモンが活性化する は真の命題だと思います。射精はしてませんが、皮脂の分泌が増えました。

<12日目>
・昨日のエロ動画で相当興奮したのがマイナスに。
ホルモンが分泌されたのか、皮脂が多くなったきた。
寝不足もたたって、少しニキビが復活。

<13日目>
・先日のエロ開放の影響のせいか、皮脂分泌が多くなりました。
洗顔と保湿をいつもより入念にして乗り切るますです。


身をもって、オナニーの害を体感しました。

<14日目>
昨日あたりからモチベーションがカナリ高まりました。
そのせいか性欲もかなりうまくコントロールできています。
今日は特にモチベーションが高いですよ。

今後このモチベーションがどうなるか不安になるくらい
今日は高いです。

<15日目>
やっと顔の皮脂分泌が収まってきた。
昨日のモチベーションは落ち着いた。
スーパーサイヤ人説はさておき
意識がたかぶるのはたしかなのかなぁ

<16日目>
今日はひさしぶりにエロ動画ファイルを開いてみた。
初めて気分が悪くなった。
なんだかこれすらもオナ禁の効果のようで嬉しい。
ヒトのセックスはみても今の俺には徳はない。
そう感じます。もうエロは卒業できるかなぁ?

亜鉛導入

<17日目>
エロ卒業無理でした。笑
普通に動画みてギンギンでした。_| ̄|○
明日からエロ禁してみます。

ビタミンCを導入

<18日目>
今日からエビオス導入です。
エロ禁も実行!
最近、リセットするヒトと
そうでないヒトの差が見える気がした。
ビタミンC効果か、肌のハリが最高。
あと胸のニキビ?(みぞおちから鎖骨までの▽ライン)が改善の兆し。

<19日目>
・額の産毛が成長してる!
・睡眠不足でも疲れにくい!(当人比)


<30日目>
・エロ動画をみても「抜かなきゃおさまらない性欲」に打ち勝つことができるようになった。
・オナ禁効果がデフォルトになったのか劇的効果の実感が少なくなってきた。


<67日目>
精神的変化を実感。途中で諦めることが少なくなった。
パーソナルカリスマ(自己に対する自信)の向上が認められます。

効果報告書 - 精進哲学

テストステロン DHT(ジヒドロテストステロン)の違い


テストステロンとは?

テストステロン(Testosterone)とは、男性ホルモンの一種で 約95%が精巣で、5%が副腎で作られている。

テストステロンの原料はコレステロールであり、若年成人男性では1日に約 7㎎のテストステロンが体内で合成されていると言われている。

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?

DHT(ジヒドロテストステロン)はテストステロンの不足を補う為に 5αリダクターゼ酵素によってテストステロンが 活性型の男性ホルモンに変換された男性ホルモンである。

育毛においてテストステロンとDHT(ジヒドロテストステロン)の違いとは 分かり易く言えばテストステロンは毛髪を太くし、DHT(ジヒドロテストステロン)は 皮脂腺と毛乳頭に作用して毛髪が 十分に成長することを妨げる作用がある為に薄毛の原因を作ると言われている。

一般的に男性の髪が女性の髪より太いのは、テストステロンの分泌量が男性の方が多い為とされている。

一方DHT(ジヒドロテストステロン)は脱毛の原因の9割以上を占め、育毛にとっては 最も大きな障害と言える。

テストステロンが身体に与える影響

生殖器の増大
性欲の増加
精子形成の増加
骨格・筋肉の成長
やる気、行動力の増進

等の作用があり

DHT(ジヒドロテストステロン)が身体に与える影響

薄毛
体毛の増加
精力減退
前立腺肥大

等の作用がある。


テストステロン DHT(ジヒドロテストステロン)の違い

ブログ更新情報を受け取る

下のボックスにメールアドレスを入力して「購読する」をクリックすると、登録されたアドレス宛てにブログ更新情報が届きます。

 

更新情報をつぶやいてます。


RSSでも更新情報を配信中。
follow us in feedly
カテゴリ
最新コメント
タグクラウドとサーチ


リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理用
track feed 断射して進化する
連絡先
J.OtokonoJinsei@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ